交通事故の治療のポイント

 交通事故でけがをされた場合、治療を受けます。交通事故の治療のポイントを簡単に挙げておきます。

①事故後すぐに通院する

 交通事故後すぐに病院に行き、治療を開始する必要があります。事故後、時間が経って初めて病院に行った場合、交通事故との因果関係を否定されることがあります。

 事故当日または、遅くとも事故翌日には、病院へ行って診断を受けることが重要です。

②痛む部位はすべて訴える

 痛み等の症状は、すべて医者に訴えて、できれば診断書に記載してもらうようにしてください。

 交通事故に多いむち打ちの痛みは、客観的に立証することができません。したがって、治療経過が重要になります。交通事故から数日あるいは数週間経ってから初めて痛みを訴えた場合、事故との因果関係が否定されることがあります。

③病院にきちんと通院する

 事故後、すぐに病院に行っても、その後の通院期間が空いてしまうと、大した怪我ではないと判断されてしまいます。特に、自賠責保険は、その傾向が顕著です。仕事が忙しい等の理由については、考慮されないと考えてください。

 交通事故で多いむち打ちは、特に治療経過が重要になります。なぜなら、しびれや痛みを客観的に立証することはできないのです。そこで、しびれや痛みの立証は、どういった治療を受けていたのか?ということになります。被害者が訴えている症状に見合った治療を受けているか?と言い換えることもできます。

 むち打ちの場合は、総合病院ではなくて、リハビリのできる整形外科に通院し治療を受けるのがいいでしょう。