交通事故に強い,大阪・淡路駅前の法律事務所エソラ

交通事故の被害に遭われた方へ

 交通事故で負ったけがのため,被害者は心身ともに苦痛を被ります。そんな中で,被害者は,保険会社と交渉をしていかなければなりません。保険会社の担当者は,仕事上,常に交通事故の案件を扱っており,いわば専門家といっても過言ではありません。

 しかし,被害者は専門家ではありません。一生のうちに,何度も交通事故に遭うことは多くありません。多くの被害者は初めての交通事故で不安を抱えながら,何の知識もなく,保険会社と交渉を余儀なくされるのです。

 交通事故の専門的な知識を持つ保険会社に対抗するには,被害者も専門的知識をもって望む必要があります。その際に力になるのが弁護士です。弁護士も交通事故の専門家です。一人で不安を抱えずに弁護士にご相談ください。

 また,後遺障害が残る場合の交通事故の損害賠償は,症状固定までの段階でほぼ方向性が決まります。そのため,早めの相談をお勧めします。法律事務所エソラは,交通事故直後からの相談が可能です。

交通事故でこんなお悩みはありませんか?

以下のようなお悩みがあれば,弁護士にご相談ください。

①交通事故に遭遇し,ケガをした

②家族が交通事故で亡くなった

③交通事故に遭ったが,手続きがよくわからない

④保険会社への対応が煩わしい

⑤後遺障害の認定手続きをしたい

⑥保険会社から示談提示があったが,金額が妥当かわからない

法律事務所エソラの特徴

①交通事故の被害者専門の事務所です。

 保険会社との顧問契約は一切ありません。

 加害者側の相談・受任は,一律,お断りしています。

事故直後からの相談が可能です。

 後遺障害の認定についても取扱っています。

 高次脳機能障害での後遺障害認定実績もあります。

③後遺障害事案では,病院同行・医師面談も実施しています。

 後遺障害が問題となる事案では,必要に応じて,病院同行・医師面談を実施しています。

被害者参加手続きも活用しています。

 死亡事故の場合,事故態様を明らかにし,被害者遺族の思いを伝えるために,被害者参加手続きを活用しています。

初回相談無料・着手金0円

 初回の相談は,1時間まで無料です。また,交通事故の着手金は0円です。

 ※弁護士費用特約を使用できる場合は,相談料・着手金・報酬をご負担いただきます。

⑤阪急淡路駅すぐの事務所です。

交通事故のえそらごと

足関節靭帯損傷の後遺障害

足関節靭帯損傷  足関節の外側には前距腓骨靭帯,踵腓靭帯,後距腓靭帯が存在します。足関節の内側には前脛距靭帯,脛舟靭帯,脛踵靭帯,後脛距靭帯があります。  足関節の靭帯損傷の頻度は高く,日常生活からスポーツなどで負傷する …

交通事故における使用者責任

交通事故において使用者責任が及ぶかを判断した最高裁判決を紹介します。 最高裁昭和39年2月4日判決  民法715条は使用者責任について規定しています。使用者は被用者が事業の執行について第三者に加えた損害を賠償する責任を負 …

交通事故の損害賠償請求の消滅時効の起算点

交通事故の損害賠償の消滅時効について取上げます。 交通事故の損害賠償の消滅時効  交通事故の損害賠償の消滅時効期間は,現行民法では,「損害を及び加害者を知った時」から3年間です。改正民法施行後は,人損については5年間にな …

非器質性精神障害の後遺障害

非器質性精神障害について,自賠責が準拠している労災の後遺障害認定基準を取上げます。 非器質性精神障害  非器質性精神障害とは,脳の器質的損傷を伴わない精神障害のことです。PTSDなど非器質性精神障害をもたらしているのは, …

共同暴走行為と過失相殺(交通事故の判例)

民法722条の過失相殺は,被害者のみならず,被害者側の過失についても斟酌されます(被害者側の過失参照)。これに関連して共同で暴走行為を行った場合の過失相殺について判断した最高裁判決を紹介します。 最高裁平成20年7月4日 …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 法律事務所エソラ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.