過失割合で争いがあり,保険会社が賠償責任を否定するも訴訟で和解が成立した事例

法律事務所エソラで解決した交通事故の事例の一部を紹介します。

事故の態様

 歩行者と自動車の交通事故です。被害者は,車道と歩道の間に,しゃがみ込んでいたところ,中型貨物自動車と衝突し,左椎骨動脈損傷,急性硬膜下血腫,第3・4頚椎棘突起骨折,第3頚椎椎体骨折の傷害を負い,搬送先の病院で死亡した事案です。

 ※この事故態様は,裁判で当方が主張したものです。

当事務所で行った手続き

自賠責保険の被害者請求,訴訟提起

過失割合に争い

 保険会社との間で,過失割合に争いがありました。当方の主張は,被害者:加害者=2:8ですが,保険会社は,当初は,被害者:加害者=8:2の過失割合を主張していました。保険会社主張の過失割合だと,損害賠償額から自賠責保険の既払金を控除すると,マイナスになってしまいます。そこで,訴訟提起しました。

 その後の訴訟で,保険会社は,事故直前に被害者が道路に倒れこんだので,そもそも賠償責任はないと主張しました。

 本件は,死亡事故で,被害者から事故態様を聴取することはできません。また,加害車両にドライブレコーダーが設置されていましたが,その映像も決め手になるようなものではありませんでした。

 そのため,実況見分調書の写真からの推測や,道交法の規定から,加害者の過失割合の方が大きいという主張を展開しました。

裁判上の和解成立

 本事例は,訴訟提起後,最終的に裁判上の和解が成立しました。和解においては,被害者:加害者=2:8と当方の主張の過失割合を前提とした内容になりました。