医師の指示があるか,症状により有効かつ相当な場合は損害として認められる

 交通事故の被害者が,病院ではなく,整骨院,マッサージ,カイロプラクティックなどの施術を受けることがよくあります。これは,病院では,投薬治療しか行われないことがあり,整骨院では,電気療法や運動療法などの施術を受けれられるからです。

 損賠賠償という観点からは,整骨院等の施術費用が損害として認められのか?問題になります。というのも,整骨院等での施術は,医師による治療行為ではなく,医師の指示によらずに行われていることが多く,必要性・相当性について疑義が生じるからです。

 大阪地裁の交通事故の損害賠償基準では,整骨院等の施術費は,①医師の指示がある場合又は②症状により有効かつ相当な場合は,損害として認めるとしています。

医師の指示がない場合

 東洋医学による施術は,柔道整復師法やあん摩マッサージ指圧師,はり師,きゅう師等に関する法律によって免許制度が確立されています。それに加え,医療機関のペインクリニックで鍼灸治療が用いられていて,全国的に普及していることから,医師の指示がなくても,一定の範囲で損害として認められます。

 被害者としては,症状の軽減,機能の回復など効果があったこと,施術期間,施術内容,施術費について具体的に主張・立証していく必要があります。

保険会社は,医師の同意書を必要との立場?

 被害者が整骨院に通いたいと保険会社の担当者に伝えれば,保険会社は,整骨院の施術費を支払ってきました。保険会社が承諾している場合,裁判所も加害者の承諾があったとして損害として認める傾向にあります。

 しかし,最近,保険会社は,整骨院の施術費の支払いを拒むようになってきました。施術費を支払うとしても,事前に主治医の同意書が必要だという保険会社が増えてきました。

 整骨院の施術費は,かなりの高額になることがほとんどです。保険会社が整骨院に通うことを了解したとしても,施術費の金額が高すぎるとして,支払いを拒否することもあります。

 損害として認められなければ,その費用は被害者の負担となってしまいます。整骨院に通われる際は,この点に注意が必要です。

法律による免許がない施術

 カイロプラクティックなど法律による免許がない施術については,施術の必要性や相当性は,整骨院に比べて立証のハードルが高いということがいえるでしょう。