治療関係費(交通事故の損害賠償)

交通事故の損害のうち,治療関係費について取り上げます。

大阪地方裁判所の基準

 治療関係費について,大阪地裁の損害賠償基準は,次のようになっています。

 ①治療費・入院費は,必要かつ相当な実費を認める

 ②症状固定後の治療は,原則として認めないが,症状の内容・程度に照らし,必要かつ相当なものは認める

 ③入院中の特別室の使用料は,医師の指示があった場合,症状が重篤であった場合,空室がなかった等の特別の事情がある場合に限り,相当期間について認める

 ④整骨院の施術費等は,医師の指示があった場合又は症状により有効かつ相当な場合は,相当額を認めることがある

必要かつ相当とは?

 治療関係費は,治療費・入院費,診断書作成の文書料のことです。通常は,要した実費が損害として認められます。過剰診療や高額診療の問題がないわけではありません。

 過剰診療は,診療行為の医学的必要性又は合理性が否定されるものをいいます。たとえば,必要性や合理性がないのに,複数の医療機関で治療を受けているような場合です。

 高額診療は,自由診療において特別の理由がないのに,社会一般の診療費水準に照らして著しく高額な場合をいいます。

自由診療

 労災保険の対象外であれば,交通事故においても健康保険を使用することができます。一般に,交通事故の治療は,健康保険を使わず,自由診療で行われます。

 その結果,治療費が高額になり,金額の相当性が争われることがあります。健康保険の基準である1点10円の1.5倍前後が相当であるというのが裁判例の傾向です。