交通事故でけがをしたら,保険会社から健康保険を使ってほしいと打診された

 交通事故に遭い傷害を負った場合,病院の治療費は,保険会社が直接,医療機関に支払うことがほとんどです。その際,保険会社から健康保険を使ってほしいと打診されることがあります。

 交通事故の被害者の中には,自分に過失がないのに,なぜ,自分の健康保険を使わないといけないのか?と思う方もいらっしゃるでしょう。それでは,健康保険を使う必要はないのでしょうか?

治療費はできるだけ少ない方がいい

 保険会社が健康保険を使ってほしいと打診してくるのは,多くの場合,被害者が入院し・手術を受けるような場合です。交通事故の治療は,自由診療で行われることが通常です。入院・手術を伴う場合,自由診療だと,治療費だけで何百万とかかってしまいます。

 自動車保険は,強制保険である自賠責保険と自賠責保険の上乗せの任意保険の2段階になっています。自賠責保険の範囲内であれば,任意保険会社は自分たちの懐は痛みません。なので,自賠責保険の範囲内であれば,比較的,支払いがスムーズですが,自賠責保険の範囲を超えると,任意保険会社は支払いを渋ってくる傾向にあります。

 自賠責保険の範囲は,①傷害,②後遺障害,③死亡とそれぞれで上限額が決まっています。治療費に関係する傷害部分は,120万円が上限です。

 120万円しか自賠責保険の枠がないので,治療費はできるだけ少ないにこしたことはないのです。

交通事故でも健康保険を使用できる

 交通事故の治療は,自由診療で行われることが通常ですが,健康保険を使用することもできます。ただし,交通事故の治療で,健康保険を使用する場合は第三者行為届を健康保険組合等に提出する必要があります。保険会社に連絡するれば,喜んで手配をしてくれるでしょう。

健康保険を使用しても保険会社が融通するとは限らない

 保険会社の中には,健康保険をどうしても使用してほしいので,被害者に慰謝料等で融通するので,健康保険を使用してほしいと話を持ち掛けてくることもあります。

 保険会社がほんとに融通するのかは定かではありません。そもそも,保険会社の示談提示は,裁判基準に比べて,ずっと低い金額なので,融通されたところで示談提示が裁判基準に近い数字になることは決してないでしょう。

保険会社から健康保険の使用を打診されたら,健康保険を使う方向で検討した方がいい

 以上のように,治療費はできるだけ少ない方がいいのは確かなので,保険会社から健康保険の使用を打診された場合は,被害者に過失がなくても,健康保険を使う方向で進めていく方がいいでしょう。