交通事故の死亡慰謝料と一家の支柱

交通事故の死亡事故の死亡慰謝料の算定において,被害者が一家の支柱かどうかが問題になった裁判例を紹介します。

東京地裁平成13年3月27日判決

 死亡慰謝料は,被害者が一家の支柱である場合,最も金額が高額になります。一家の支柱とは,被害者の世帯が,主として被害者の収入によって,生計を維持しいている場合をいうと説明されています。

 そして,一家の支柱の死亡慰謝料の金額が他の被害者によりも高額なのは,死亡による逸失利益だけでは,遺族の扶養に不十分なため,慰謝料で補完するためと説明されます。

 交通事故により死亡した被害者(67歳の男,会社員で年金受給権者)が一家の支柱ではないと判断した裁判例です。

事案の概要

 信号機により交通整理の行われていない丁字型交差点における,直進自動車と右折足踏式自転車との衝突事故で,被害者は脳挫傷等の傷害を負い死亡した。

裁判所の判断

 裁判所は,被害者の年齢や,未成熟の子がないことを考慮すると,厳密な意味では,一家の支柱との評価し難く,慰謝料としては2500万円が妥当と判断しました。