非器質性精神障害について,自賠責が準拠している労災の後遺障害認定基準を取上げます。

非器質性精神障害

 非器質性精神障害とは,脳の器質的損傷を伴わない精神障害のことです。PTSDなど非器質性精神障害をもたらしているのは,脳ですが,器質的損傷を伴っていないので,労災保険・自賠責保険では,器質的精神傷害とは区別し,非器質性精神障害として評価しています。

 非器質性精神障害として,後遺障害と認められた場合の後遺障害等級は,9級,12級,14級のいずれかです。

非器質性精神障害の後遺障害認定基準

 非器質性精神障害が後遺障害と認められるには,以下の精神症状のうち1つ以上の精神症状が見られること,能力に関する判断項目のうち1つ以上の障害が見られることが必要です。

精神症状

 以下の6つの症状のうち,いずれか1つが見られることが必要です。

 ①抑うつ状態

 ②不安の状態

 ③意欲低下の状態

 ④慢性化した幻覚,妄想性の状態

 ⑤記憶又は知的能力の障害

 ⑥その他の障害(衝動性の障害など)

能力に関する判断項目

 以下の8つの判断項目のうち,1つ以上の能力に障害が見られることが必要です。

 ①身辺日常生活

 ②仕事・生活に積極性,関心を持つ

 ③通勤・勤務時間の遵守

 ④普通に作業を持続する

 ⑤他人との意思伝達

 ⑥対人関係,協調性

 ⑦身辺の安全保持,危機の回避

 ⑧困難,失敗への対応

障害の程度に応じた認定

 非器質性精神障害の後遺障害等級は,前述のとおり,9級,12級,14級の3つです。それぞれの認定基準は次のとおりです。なお,労災では就労している者(就労意欲のある者を含む)と就労意欲の低下・欠落により就労していない者に区分して認定を行います。

後遺障害等級9級

 通常の労務に服することはできるが非器質性精神障害のため,就労可能な職種が相当程度に制限されるものは,9級と認定されます。

 就労している者については,上記の能力に関する判断項目のうち②~⑧のいずれか1つの能力が失われているもの又は判断項目の4つ以上にしばしば助言・援助が必要とされる障害を残しているものを意味します。

 就労していない者については,身辺日常生活について時に助言・援助を必要とする程度の障害が残存しているものを意味します。

後遺障害等級12級

 通常の労務に服することはできるが,非器質性精神障害のため,多少の障害を残すものは,12級と認定されます。

 就労している者については,能力に関する判断項目の4つ以上について時に助言・援助が必要と判断される障害を残しているものを意味します。

 就労していない者については,身辺日常生活を適切又は概ねできるものを意味します。

後遺障害等級14級

 通常の労務に服することはできるが,非器質性精神障害のため,軽微な障害を残すものは,14級と認定されます。能力に関する判断項目の1つ以上について時に助言・援助が必要と判断される障害を残しているものを意味します。