眼の後遺障害と相当等級(交通事故の後遺障害)

眼の後遺障害に関して,自賠責等級表以外の相当等級の後遺障害を取上げます。

相当等級

 自賠責保険では,自賠責等級表に記載されていない後遺障害であっても,各等級の後遺障害に相当するものを相当等級として扱っています(後遺障害認定のルール②参照)。

 眼の後遺障害は,眼球の視力障害や運動障害,まぶたの欠損障害等が自賠責等級表に定められています(眼の後遺障害参照)。それらの後遺障害以外に,以下の2つの後遺障害が相当等級として扱われています。

外傷性散瞳

 外傷性散瞳は,以下のとおり,11級相当から14級相当の相当等級としてして扱われます。

11級相当 両眼の瞳孔の対光反射が著しく障害され,著名な羞明を訴え労働に著しく支障をきたすもの
12級相当 1眼の瞳孔の対光反射が著しく障害され,著名な羞明を訴え労働に著しく支障をきたすもの
13級相当 両眼の瞳孔の対光反射はあるが不十分で,羞明を訴え労働に支障をきたすもの
14級相当 1眼の瞳孔の対光反射はあるが不十分で,羞明を訴え労働に支障をきたすもの

 

 散瞳とは,瞳孔の直径が開大し対光反応が消失,減弱することを意味します。羞明は,まぶしいという意味です。

 ちなみに,外傷性散瞳と視力障害,調節機能障害は,併合の関係になります。

流涙

 流涙は,以下のとおり,12級相当又は14級相当の相当等級として扱われます。

12級相当 両眼に常時流涙を残すもの
14級相当 1眼に常時流涙を残すもの

 

 流涙とは,眼表面の涙液量が過剰に増加した状態をいいます。涙液が涙腺から分泌され,涙点,涙小管,涙嚢を通って,鼻腔内に排出される涙道が,外傷によって断裂等した場合に,涙液の排出障害がみられ,それが原因の一つとされています。