言語機能の障害の後遺障害認定のポイント(交通事故の後遺障害)

言語機能の障害の後遺障害認定のポイントを紹介します。

言語機能の障害の後遺障害

 言語機能の障害は,咀嚼機能の障害との組み合わせで,1級から10級まで6段階の後遺障害等級があります(口の後遺障害参照)。

言語機能の障害の後遺障害認定

 言語機能の障害は,①言語の機能を廃したもの,②言語の機能に著しい障害を残すもの,③言語の機能に障害を残すものの3つが後遺障害等級認定表に記載されています。

 語音は母音と子音に区別されます。子音を構音部位で分類すると,口唇音,舌歯音,口蓋音,咽頭音の4つに分類されます。

 口唇音は,マ行音,パ行音,バ行音,ワ行音,ふのことです。舌歯音は,ナ行音,タ行音,ダ行音,ラ行音,サ行音,しゅ,し,ザ行音,じゅのことです。口蓋音は,カ行音,ガ行音,ヤ行音,ひ,にゅ,ぎゅ,んのことです。咽頭音は,ハ行音のことです。

 (1)言語の機能を廃したとは,4種の語音のうち3種以上が発音できないものをいいます。

 (2)言語の機能に著しい障害を残すものとは,4種の語音のうち2種の発音不能又は綴音機能に障害があり,言語のみで意思を疎通することができないものをいいます。

 (3)言語の機能に障害を残すものとは,4種の語音のうち1種の発音ができないものをいいます。1種の発音不能とは,たとえば,口唇音のすべてが発音できないことが必要です。

かすれ声

 声帯の麻痺や声帯の損傷によって,発声障害であるかすれ声が生じることがあります。著しいかすれ声は,12級相当と認定されます。