手指・足指の欠損障害の後遺障害認定のポイント(交通事故の後遺障害)

手指・足指の欠損障害の後遺障害認定のポイントを紹介します。

手指・足指の欠損障害の後遺障害

 手指の欠損障害は,3級から14級まで9段階の後遺障害等級があります(上肢・手指の後遺障害参照)。足指の欠損障害は,5級から13級まで6段階の後遺障害等級があります(下肢・足指の後遺障害参照)。

手指の欠損障害

 手指の欠損障害は,①手指を失ったものと②指骨の一部を失ったものの2段階があります。

 ①手指を失ったとは,母指は指節間関節,その他の手指は近位指節間関節以上を失ったものをいいます。具体的には,手指を中手骨又は基節骨で切断したものと指節間関節(母指以外は,近位指節間関節)において基節骨と中節骨とを離断したものが該当します。

 ②指骨の一部を失ったとは,1指骨の一部を失っていることがX線等で確認できるものをいいます。ただし,指先の骨である末節骨の半分以上を失ったものは,用廃として扱われます。

足指の欠損障害

 足指の欠損障害は,足指を失ったものが後遺障害となります。足指を失ったとは,中足指節間関節から失ったものをいいます。つまり,足指の付け根からなくなった状態です。