リフランス関節損傷の後遺障害(交通事故の後遺障害)

リフランス関節損傷

 中足骨と足根骨(楔状骨,立方骨)との関節全体をリフランス関節といいます。リフランス関節で発生する種々の形態の脱臼,骨折,靭帯損傷をリフランス関節損傷といいます。

 診断は比較的難しいといわれ,初診時に見落とされることがあります。初診時に見逃されると,治療が難航し,関節固定術が必要になることがあります。

Myerson分類

 損傷の範囲と方向による分類です。

Totar incogruity(完全不適合)

 Type Aと呼ばれ,外側転位と背底側転位があります。

Partial incongruity(部分的不適合)

 Type Bと呼ばれ,内側脱臼と外側脱臼があります。

Divergent

 Type Cと呼ばれ,部分転位と完全転位があります。

リフランス関節損傷の診断・検査

 正面,側面,回内斜位の3方向のレントゲン撮影を行い,健側と比較するといいとされています。また,詳細な検討のためにCT撮影を行うことが奨励されています。

リフランス関節損傷の後遺障害

 局部の神経症状として,12級13号又は14級9号が認定される余地があります。