橈骨・尺骨骨幹部骨折

 前腕の骨幹部の骨折で強い痛み・腫脹が現れます。橈骨・尺骨の両方が骨折すると,強く変形します。どちらかのみの骨折の場合はあまり変形しない場合もあります。

橈骨・尺骨骨幹部骨折の治療

 橈骨・尺骨それぞれの単独骨折の場合は,ギプスで固定します。6~8週間ほどで骨癒合が得られることがありますが,癒合不全になる場合もあります。

橈骨・尺骨骨幹部骨折の後遺障害

 橈骨・尺骨どちらか又は両方の癒合不全が考えられます。また,阻血性障害による手関節の用廃,手指の用廃の後遺障害が残ることがあります。

変形障害

 骨幹部に癒合不全を残し常に硬性補装具が必要とするものは7級9号が想定されます。

 骨幹部に癒合不全を残し常に硬性補装具を必要とするもの以外は8級8号が想定されます。

 橈骨・尺骨の両方に15度以上の変形を残すものは12級8号が想定されます。

 骨幹部に癒合不全を残し硬性補装具を必要としないものは12級8号が想定されます。

 橈骨又は尺骨の骨端部のほとんどを欠損したものは12級8号が想定されます。

 橈骨又は尺骨の直径が2分の1以下に減少したものは12級8号が想定されます。

機能障害

 回外・回内制限を残し,健側の2分の1以下に制限されたものは準用10級が想定されます。

 回外・回内制限を残し,健側の4分の3以下に制限されたものは準用12級が想定されます。