膝蓋骨骨折

 膝蓋骨骨折は,膝関節周辺骨折のうち,最も頻度の高い骨折です。主として,膝から転倒する直接外力によって発生します。転落等によって足部から着地したことで,大腿四頭筋の遠心性収縮による間接外力で生じることもあります。

Carpenter分類

 (1)横骨折・転位なし

 (2)横骨折・転位あり

 (3)縦骨折

 (4)骨軟骨骨折

 (5)Sleeve骨折

 (6)粉砕骨折・転位なし

 (7)粉砕骨折・転位あり

膝蓋骨骨折の治療

 縦骨折は保存的療法が選択され,シリンダーキャスト固定による早期の全荷重歩行が可能です。

 膝伸展機能障害をきたす横骨折(3ミリメートル以上の転位,2ミリメートル以上の関節面の不適合)は,ワイヤ,ストロングスーチャーによる引き寄せ締結法を選択します。

膝蓋骨骨折の後遺障害

 後遺障害としては,①膝関節の可動域制限と②局部の神経症状が考えられます。

膝関節の可動域制限

 健側の2分の1以下に制限されている場合は10級11号が想定されます。健側の4分の3以下に制限されている場合は12級7号が想定されます。

局部の神経症状

 また,大腿膝蓋関節面に損傷が生じ,大腿膝蓋関節に疼痛が残る場合があります。この場合,局部の神経症状として,他覚的所見が存在する場合は12級13号が想定されます。他覚的所見が存在しない場合は14級が認定されることがあります。