寛骨臼骨折

 寛骨臼骨折は股関節の関節内の骨折です。機能的に予後に関して重大な問題を含んだ骨折です。大腿骨頭が寛骨臼に与える直達外力によって発生します。

Judet&Letournel分類

 寛骨臼骨折を5つの基本骨折と基本骨折が2つ以上組合さった5つの複合骨折に分類しています。

基本骨折の分類

 ①後壁骨折

 ②後柱骨折

 ③前壁骨折

 ④前柱骨折

 ⑤横骨折

複合骨折

 ①T字骨折

 ②後柱骨折+後壁骨折

 ③横骨折+後壁骨折

 ④前柱又は前壁骨折+後方部分の横骨折

 ⑤両柱骨折

寛骨臼骨折の治療

 直達牽引等の整復を行います。整復が満足いく場合はそのまま牽引を継続し骨癒合を待ちます。整復が不安定な場合は,鋼線牽引後に観血的内固定術が行われます。

 観血的にも整復内固定が不充分で間接面に不整のあるもの,軟骨の損傷が著しい場合,変形性股関節症になることが確実で,股関節固定術,人工関節弛緩術が必要になります。

 保存的療法・内固定が成功した場合は,治癒まで約1年と言われています。

寛骨臼骨折の後遺障害

 裸体となったとき,変形が明らかにわかる程度であれば12級5号が想定されます。

 人工骨頭置換術や人工関節置換術後に,可動域が健側の2分の1以下に制限されていれば8級7号,2分の1以下に制限されていない場合は10級11号がそれぞれ想定されます。