前十字靭帯(ACL)損傷

 ACLは前内側線維束・後外側線維束の2つの線維束から構成される靭帯です。大腿骨顆間窩外側後方から脛骨高原前内側に付着します。脛骨前方安定性,下腿内旋,過伸展を制御しています。

 ACL損傷には,スポーツで外力が加わった接触型損傷や急激なジャンプ・着地,急な方向転換で膝関節をねじる非接触型があります。

ACL損傷の診断

 Lachmanテストで陽性の場合,ACL損傷が疑われます。MRI画像では,ACL自体の断裂を描出できます。

ACL損傷の治療

 膝の不安定感を自覚しておらず,跳躍や急な方向転換が必要なスポーツに復帰する希望がなければ,保存的療法が選択されることがあります。

 保存的療法が選択された場合でも,靭帯損傷は自然治癒力に乏しく,半月板や軟骨の二次的損傷が生じたり,不安定性が増せば手術の可能性があります。

 スポーツへの復帰の希望や日常生活レベルで不安感があれば,靭帯再建手術が行われます。

 靭帯再建手術を行うのは,正常な可動域獲得後(受傷後1か月前後以降)です。それまでは,鎮痛投薬治療を行い,歩行・可動域訓練を積極的に行います。手術後は,危険肢位の回避運動を含む運動療法を行います。

ACL損傷の後遺障害

 膝関節に,動揺間接が残ることがあります。動揺間接を後遺障害として等級認定されるには,ストレスXPを撮影することが必要になります。

 常時硬性補装具の装着を必要とする程度のものは準用8級が想定されます。

 時々硬性補装具の装着を必要とする程度のものは準用10級が想定されます。

 重激な労働等の際以外は硬性補装具の装着を必要としないものは準用12級が想定されます。