腕神経叢損傷

 上肢に分布する主要な5つの神経の起始部分であるC5神経根からT1神経根まで5本の神経根が形成する神経叢が腕神経叢です。頚部から鎖骨の下をくぐり腋窩にいたる部分での神経損傷を総称して腕神経叢損傷といいます。

 主としてバイクの交通事故といった高速での事故で肩と側頭部が地面に叩きつけられる転倒によって生じます。また,作業中に機械に巻き込まれ,腕を引き抜かれるように牽引することでも生じます。さらに,腕神経叢周囲の開放骨折や切創などによっても生じることがあります。

 外傷性の神経損傷は不全損傷であればかなりの程度自然回復します。完全断裂でも神経修復術によってある程度の回復が見込めます。

 しかし,腕神経叢損傷は身体の中枢に近い部分の損傷で,標的臓器である筋肉までの距離が長く,早期に神経の修復が始まらなければ神経筋接合部が変性し機能回復が期待できません。

腕神経叢損傷の症状

 損傷部位によって,上位型,下位型,全型に分類することができます。神経損傷に伴う知覚低下,異常知覚,疼痛が訴えることも多くあります。

上位型

 肩甲上,腋窩,筋皮神経と一部の橈骨神経の麻痺,肩の挙上・回旋,肘の屈曲の障害,肩から上腕,前腕の外側の知覚低下

下位型

 橈骨神経の一部と正中・尺骨神経の麻痺,手首・手指の屈伸の障害,手の内在筋麻痺により指が鷲手変形をきたす,前腕・手の尺側の知覚低下

全型

 肩以下の上肢全部の麻痺と知覚低下

腕神経叢損傷の治療

 神経損傷には様々な程度があり,完全断裂でなければ神経軸索が再生して,自然回復が期待できます。末梢神経の再生速度は1日に1ミリメートル程度と言われていて,長期間待機して神経筋接合部の変性が起こってしまっては,機能回復が望めません。

 神経麻痺の状態を詳細に記録し,1か月ごとに観察して回復徴候が出てくれば自然回復を引続き待ちます。

 受傷後,3か月経過しても回復徴候が見られない場合は重症の神経損傷の可能性が高く手術適応になります。また,明らかに神経断裂と診断されている場合,神経修復は早ければ早いほど良いと言われています。

 異常知覚や神経障害疼痛に対しては投薬治療やペインクリニックへの通院・治療が行われます。

腕神経叢損傷の後遺障害

 腕神経叢損傷の損傷部位によって後遺障害は大きくことなりますが,関節の機能障害が後遺障害としては想定されます。

 1上肢の全廃:5級6号

 1上肢の2関節の用廃:6級6号

 1上肢の1関節の用廃:8級6号

 1上肢の関節の著しい機能障害:10級10号

 1上肢の関節の機能障害:12級7号

 1上肢の手指の機能障害:損傷部位によって4級~14級