内側側副靭帯(MCL)損傷

 MCLは大腿骨内側上顆から脛骨内側に幅広く付着する扁平な靭帯です。外反力に対して制御する役割を果たします。

 MCL損傷の受傷機転は,膝関節への直接外力,ジャンプして着地した際の間接外力に,膝関節に外反力が加わって生じます。

MCL損傷の分類

 外反ストレスチェックにおいて,次のように分類されます。

 Ⅰ度:伸展位・軽度屈曲位で不安定性がない

 Ⅱ度:軽度屈曲位のみ不安定性を認める

 Ⅲ度:伸展位・屈曲位ともに不安定性を認める

MCL損傷の治療

 原則的に保存療法で治療します。テーピングや支柱付の装具を用いて可動域訓練,筋力トレーニングも行います。

 ACL損傷などの他の靭帯損傷を合併した場合や不安定性が強い場合は,靭帯再建手術を行うこともあります。

MCL損傷の後遺障害

  膝関節に,動揺関節が残ることがあります。動揺関節を後遺障害として等級認定されるには,ストレスXPを撮影することが必要になります。

 (1)常時硬性補装具の装着を必要とする程度のものは準用8級が想定されます。

 (2)時々硬性補装具の装着を必要とする程度のものは準用10級が想定されます。

 (3)重激な労働等の際以外は硬性補装具の装着を必要としないものは準用12級が想定されます。