正中神経麻痺

 正中神経麻痺は,下位正中神経麻痺と上位正中神経麻痺があります。

下位正中神経麻痺

 下位正中神経麻痺は,手根管症候群に代表され,手関節部手根管から抹消で発生する神経障害です。母指,示指,中指の掌側部,環指橈側掌側,示指,中指のPIP関節以遠背側及び環指橈側背側の知覚障害と母指球筋,示指,中指虫様筋の麻痺が見られます。

上位正中神経麻痺

 上位正中神経麻痺は,円回内筋症候群に代表され,手関節の中枢部で発生する神経障害です。

 下位正中神経麻痺の症状に加え,前腕屈筋郡,回内筋郡,母指球筋部の萎縮,麻痺が見られます。さらに,運動障害として,母指,示指の遠位指節間,IP関節の屈曲障害が見られます,知覚障害として,母指末筋骨部の掌側,示指,中指の末節骨部及び中筋骨部の掌側に障害が見られます。

手根管症候群

 手根管部で正中神経が圧迫されることで発生します。手根骨と横手根靭帯で囲まれた狭い部分の屈筋腱周囲の滑膜肥厚や骨折等の外傷が原因となります。

円回内筋症候群

 肘関節部上腕二頭筋腱膜で正中神経が圧迫させることで,円回内筋以遠の正中神経麻痺が発生します。

正中神経麻痺の診断

 正中神経麻痺には次のような徴候が見られます。

Tinel徴候

 手根管症候群では手関節部,円回内筋症候群では,肘関節部の正中神経上をタップすると電撃痛が生じます。

Phalenテスト

 両手関節を最大屈曲位に保つと,患側の手指にしびれが現れます。

検査

 手関節のX線検査で骨折後の手根管の狭小や変形,肘関節部の変形の有無を確認します。MRI検査で手根管内占拠病変の有無を確認します。

 また,神経伝導速度検査で手関節部,肘関節部の神経伝導速度の低下,終末潜時の延長を確認します。

正中神経麻痺の治療

 初期は,手関節内へのステロイド注射,手関節中間位での装具による治療が有効とされています。保存的療法で効果が見られない場合は,手術的療法に移行します。

正中神経麻痺の後遺障害

 関節の機能障害が考えられます。可動域角度が健側の2分の1以下に制限されている場合は10級が想定されます。可動域角度が健側の4分の3以下に制限されている場合は12級が想定されます。