大腿骨骨幹部骨折・大腿骨転子下骨折

 大腿骨転子下骨折は,非常に強い力が加わらなければこの部位の骨折は生じません。交通事故,転落などの高エネルギー外傷により生じることが多い骨折です。高齢者には少ないという特徴があります。

 大腿骨骨幹部骨折は,直達外力による場合が多い骨折です。高エネルギー外傷であることが多いのが特徴です。

大腿骨転子下骨折の分類

 Seinsheimer分類が使われています。もともとは,5つに分類していましたが,後に,Kyle TypeⅢが追加されました。

 TypeⅠ:転位のない骨折です。骨片の転位が2ミリメートル以下のものが該当します。

 TypeⅡ:2-Part骨折(二分割骨折)です。さらに次のように分類されます。

  A:横骨折

  B:螺旋骨折で小転子が近位骨片にある

  C:螺旋骨折で小転子が遠位骨片にある

 TypeⅢ:3-Part骨折(三分割骨折)で,さらに次のように分類されます。

  A:螺旋骨折で小転子が第3骨片であるもの

  B:螺旋骨折で外側に第3骨片であるもの

 TypeⅣ:粉砕骨折で,4骨片又はそれ以上のものです。

 TypeⅤ:転子下-転子間骨折,骨折線が大転子を通っているものです。

 Kyle TypeⅢ:内反変形を伴う転子間骨折,後内側骨皮質部分と大転子部分に骨折を伴うものです。

大腿骨骨幹部骨折の分類

 AO/ASIF分類によって分類します。2つの主骨片の接触状況と骨折部の形態による分類です。

 TypeA→単純骨折,近位骨片と遠位骨片が90%以上接触のものです。

  A1:螺旋骨折,A2:斜骨折,A3:横骨折

 TypeB→楔状骨折,骨折部は部分的に接触があるのみです。

  B1:螺旋楔状骨折,B2:屈曲楔状骨折B3:多骨片楔状骨折

 TypeC→粉砕骨折,1つ又はそれ以上の中間骨片を有し接触がないものです。

  C1:螺旋骨折,C2:分節,C3:不規則

大腿骨転子下骨折・骨幹部骨折の治療

 保存的療法で骨癒合が得られる荷重を開始するのに3~4か月要するので,基本的には手術対応となります。

内固定治療

 内固定は,回旋変形,脚短縮を避けるため,髄内釘・横止めスクリュー,プレート・スクリューによります。骨癒合の進行が遅く回旋変形が生じないと判断された場合,固定術後2か月程度をめどにスクリューの抜釘が行われることがあります。

創外固定治療

 重度の粉砕骨折のように,プレート,キンチャーでまとめることが困難な場合に施行されます。

大腿骨骨幹部骨折・転子下骨折の後遺障害

 骨幹部等に癒合不全を残し,常に硬性補装具が要するものは,偽関節を残し,著しい運動障害を残すものとして7級10号が想定されます。

 骨幹部等に癒合不全を残し,常に硬性補装具を必要とするもの以外は,偽関節を残すものとして8級9号が想定されます。

 長管骨に変形を残すものは12級8号が想定されます。後遺障害として認定されるには,外部から想見できる程度のものをいうので,15度以上屈曲して不正癒合していることが必要です。