足関節果部骨折

 足関節は,脛骨,腓骨,距骨から構成される関節です。それぞれの骨は靭帯・関節包の軟部組織で結合していて,足部の底背屈の動きに対しての自由度が比較的大きく,内がえし,外がえし運動や内転,外転運動に関しての自由度が少なく,無理な力が加わることで骨折を引き起こします。

 足関節果部骨折は,骨折のみでなく,様々な程度の靭帯損傷を合併するのが特徴の一つです。

原口の分類

 Lauge-Hansen分類等を見直し,近年発表されたのが原口の分類です。

①外旋骨折

 Stage1:前脛腓靭帯の断裂

 Stage2:Stage1+外果螺旋骨折

 Stage3:Stage2+後果骨折

 Stage4:Stage3+内果骨折

②外旋-外転骨折

 Stage1:内果骨折

 Stage2:Stage1+前脛腓靭帯の断裂

 Stage3:Stage2+腓骨骨折

 Stage4:Stage3+後果骨折

足関節果部骨折の治療

 転位のないものや非観血的整復が可能なものは,保存的療法を行います。ギプス固定が基本で膝下から足部までを固定します。固定期間は4~6週間程度と言われています。

 骨折が不安定な場合や正しい解剖学的整復位が得られない場合は,観血的療法が選択されます。内固定材はスクリュー,プレート,キルシュナー鋼線,軟鋼線を組み合わせて行います。

足関節果部骨折の後遺障害

 足関節の機能障害,骨折後の疼痛が後遺障害として残る可能性があります。

足関節の機能障害

 可動域角度が健側の2分の1以下に制限:10級11号が想定されます。

 可動域角度が健側の4分の3以下に制限:12級7号が想定されます。

骨折後の疼痛

 他覚的所見(画像所見)がある場合:12級13号が想定されます。

 他覚的所見(画像所見)がない場合:14級9号が想定されます。