上腕骨近位端骨折

 高齢者に多い骨折で,転倒の際に過外転を強制されたり,側方からの直達外力によって生じることが多い骨折です。

Neer分類

 最も一般的に用いられている分類法がNeer分類です。骨片の1センチメートル以上の解離,45度以上の回旋を転位と定義します。

 その上で,転位した骨片の数と骨折部位よって分類します。骨折脱臼についても分類しています。骨片の数は①2-part(二分節骨折),②3-part(三分節骨折),③4-part(四分節骨折)に分類します。骨折部位は①骨頭,②大結節,③小結節,④骨幹部に分類します。

2-part,3-part

 1つ又は2つの骨片が転位している状態です。

4-part

 3つの骨片が転位している状態です。骨頭への血流困難なため,整復は困難な状態です。

上腕骨近位端骨折の治療

 転位がない場合又は転位が小さい場合は保存療法の対象です。整復位が保たれている場合は外固定も不要で,上肢下垂位を4~8週間保つと骨癒合が得られます。

 転位が強い場合,入院治療による上肢外転方向への牽引が必要で,2~3か月で骨癒合が得られます。

  3-part,4-partでは保存療法で骨癒合が得られないため,観血的手術が選択されます。

 骨折面の損傷の大きなもの,粉砕骨折(4-part)で内固定が困難なもの,解剖頸に軟部組織の付着がない場合,人口骨頭の適応になります。

上腕骨近位端骨折の後遺障害

 後遺障害としては,肩関節の機能障害が想定されます。

人口骨頭置換術が行われている場合

 肩関節の可動域が健側の2分の1以下に制限→関節の用廃として8級6号が認定されます。

 2分の1以下に制限されていない場合,関節の機能に著しい障害:10級10号が想定されます。

人口骨頭置換術が行われていない場合

 肩関節の可動域が健側の2分の1以下に制限されていれば,関節の機能に著しい障害を残すとして10級10号が想定されます。可動域が健側の4分の3以下に制限されていれば,関節の機能障害として12級6号が想定されます。