民法の改正による交通事故の損害賠償への影響について,まとめてみました。

民法が改正される

 民法の債権法の改正案が衆議院を通過しました。今国会でおそらく成立するでしょう。民法制定以来,債権法の全面改正は初めてのことです。それでは,民法の改正によって,交通事故の損害賠償にどんな影響があるのでしょうか?

損害賠償の消滅時効は長くなる

 民法の改正で,人損に関しては,損害賠償請求の消滅時効期間が3年から5年と長くなります。被害者にとって有利な改正ということになります。

現在の消滅時効は3年

 民法724条 不法行為による損害賠償の請求権は,被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から三年間行使しないときは,時効によって消滅する。不法行為の時から二十年を経過したときも,同様とする。

 現在の民法では,不法行為に基づく損害賠償請求請求権の消滅時効は3年です。後遺障害が残る事案では,「損害及び加害者を知った時」がいつなのか?という問題はありますが,交通事故時又は症状固定時から3年を経過すると,損害賠償請求は消滅時効にかかります。

 また,消滅時効とは別に,不法行為の時から20年を経過すると除斥期間によって,損害賠償請求権は消滅します。

民法改正後は消滅時効は5年

改正民法724条 不法行為による損害賠償の請求権は,次に掲げる場合には,時効によって消滅する。

 1 被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から3年間行使しないとき

 2 不法行為の時から20年間行使しないとき

 改正民法でも不法行為に基づく損害賠償請求権の消滅時効期間は3年です。現行民法では,除斥期間とされていた20年間の期間が除斥期間ではなく,消滅時効になりました。

改正民法724条の2 

 人の生命又は身体を害する不法行為による損賠請求請求権の消滅時効についての前条第1号の規定の適用については,同号中「3年間」とあるのは,「5年間」とする。

 改正民法では,生命又は身体の侵害による損害賠償請求権の消滅時効期間は5年に延長されます。そのため,人損と物損では,消滅時効の期間が異なるということになります。