橈骨神経麻痺

 橈骨神経麻痺は,下位橈骨神経麻痺と上位橈骨神経麻痺に分類することができます。

下位橈骨神経麻痺

 下位橈骨神経麻痺は,後骨間神経麻痺とも呼ばれ,Frohseのarcadeで後骨間神経が圧迫されて発生することが多いのが特徴です。

 知覚障害は伴わないのが一般的です。母指伸展,示指,中指,環指,小指のMP関節伸展障害が見られます。また,短橈側手根伸筋腱が麻痺するので,手関節伸展時に撓屈します。

上位橈骨神経麻痺

 上位橈骨神経麻痺は,Frohseのarcadeの中枢で橈骨神経が傷害を受けて発生します。上腕部の外傷や橈骨神経圧迫による障害が原因です。

 下位橈骨神経麻痺の症状に加え,長橈側手根伸筋腱,腕橈骨筋の麻痺を伴い,手関節の伸展ができなくなる下垂手が生じます。手背橈側の知覚障害も伴います。

橈骨神経麻痺の診断

 Tinel徴候が見られます。上位橈骨神経麻痺では,上腕骨橈骨神経溝付近で橈骨神経が圧迫されることが多く,その部分をタップすると電撃痛が生じます。下位橈骨神経麻痺の場合は,肘関節部橈骨頭付近にTinel徴候が見られます。

 手関節のX線検査で上腕骨,肘関節部の異常の有無を確認します。また,超音波やMRI検査で肘関節部の占拠性病変の有無を確認します。

 さらに,筋電図検査によって,橈骨神経支配筋の脱神経所見を確認します。

橈骨神経神経麻痺の治療

 自然回復することが多く,3か月間は経過観察します。上位橈骨神経麻痺の下垂手に対してカックアップ装具などにより,手関節を背屈位に保ちます。また,装具で手関節を背屈位に保ちMP関節を屈曲位させると,内在筋筋力でPIP,DIP関節の伸展が可能になり,日常動作能力が改善します。下位橈骨神経麻痺の下垂指手には,逆ナックルベンダー装具によりMP関節の伸展を補助します。

 3か月して症状の回復が見られない場合は,神経手術を検討することになります。神経剥離術,神経縫合術,神経移行術,腓腹神経を用いた神経移植術が行われることがあります。

橈骨神経麻痺の後遺障害

 関節の機能障害が考えられます。可動域角度が健側の2分の1以下に制限されている場合は10級が想定されます。可動域角度が健側の4分の3以下に制限されている場合は12級が想定されます。