脛骨プラトー(高原)骨折

 膝関節に外反・ねじれ・垂直力が加わり生じる骨折です。好発部位は脛骨外側顆です。半月板,靭帯損傷など軟部組織の損傷を伴うことが多いのも特徴です。

 交通事故に関しては,歩行者と自動車の事故の場合,バンパーの高さが歩行者の膝の高さに近いため,外反力が加わりやすいといえます。

Schatzker分類

 骨折型や受傷機転,軟部組織損傷の把握が容易なためこの分類が使われています。Ⅱ型が最も発生頻度が高く,高エネルギー外傷ではⅣ~Ⅵ型となることが多いです。

 Ⅰ型:外顆の割裂型

 Ⅱ型:外顆の割裂陥没型

 Ⅲ型:外顆の陥没型

 Ⅳ型:内顆の分割・陥没型

 Ⅴ型:両顆骨折

 Ⅵ型:骨幹端と骨幹部が遮断され,内・外顆の一方又は両顆に陥没を伴う骨折

脛骨プラトー骨折の治療

 転位がひどい場合には観血的療法が選択されます。あまり転位がない場合は,保存療法が行われます。大腿骨から足部まだギプスで4~8週間ほど固定します。ギプス除去後に可動域訓練,タッチゲイト,1/2荷重と移行し,約3か月後に全荷重が可能となります。

 観血術が行われた場合,手術後にギプス固定を2週間程度,手術後4週間程度でタッチゲイト,6週間後に1/3荷重,8週間~12週間後に1/2荷重,半年後に全荷重と進んでいき,半年から1年で症状固定となります。

脛骨プラトー骨折の後遺障害

 膝関節の機能障害が残る可能性があります。

 可動域が健側の2分の1以下に制限されている場合は10級11号が想定されます。可動域が健側の4分の3以下に制限されている場合は12級7号が想定されます。